歯を汚くする食べ物

紅茶好きも悩む歯の黄ばみ汚れの原因と歯を汚くする食べ物!

紅茶のタンニンは毎日飲んでいると歯を汚します

歯が昔より黄色くなっているなと感じたことはありませんか?

 

それは普段の食生活による着色汚れで歯が汚れてしまっているからかもしれません。
黄色いのはその汚れの色です。

 

ほとんどの食べ物の着色の原因となる成分はステインやタンニンなどと言います。

 

それが歯の表面にくっつく事により、起こります。しかし幸いな事にその汚れは歯の奥まで移動することはなく、汚れを取れば歯はまたもとの輝きを取り戻せるのです。

 

歯ってそんなに簡単に汚れが残るの?と思うかたもいるかもしれません。

 

それは、歯に対して間違ったイメージを抱いているのでそう思ってしまうのでしょう。歯の中身というのはもともと柔らかいものなのです。それをエナメル質というので覆っていて硬さを保っています。

 

この歯の表面のエナメル質というのをプラスチックのような汚れをはじき、拭けばすぐきれいになるものだと過信しているのが多くのかたの誤ったイメージです。

 

肌の皮膚もそうですが、一見平坦なように感じるものでも、拡大してみると毛穴があったり、表面は実はもろく内側から生まれ変わっているものですよね。

 

ミクロの世界で見れば、エナメル質は確かに最初はプラスチックのように平坦な表面ですが、普通に生活しているだけでどんなに気をつけてもでこぼこになっていきます。

 

このデコボコに色素汚れが入り込んでしまう、これが色素沈着です。歯というのもお洋服と同様、汚れたらなかなか取れてくれないものというイメージを持っていただけら幸いです。

 

この汚れをいかにつけないようにするか、というのが白い歯を維持するための課題となってきます。

 

要注意!歯に色をつけてしまう飲み物と食べ物とは?

 

好きなかたが多いと思うので申し訳ございませんが、紅茶やコーヒー・ウーロン茶などは歯の最も着色の原因となる飲み物たちだと思います。

 

それらを飲むなとは言えませんが、飲むときはストローを使って飲むなど、できるだけ歯に当たらないように工夫すれば楽しめるようになります。

 

また、ブドウやその加工物であるワインも注意が必要です。
食べ物では、カレーやブルーベリーなど色の濃いものが注意が必要です。

 

カップラーメンなど人工の着色料が使われている食品でも、種類によってはその着色料が歯に沈着してしまうの可能性があるのでご注意ください。

 

食べ物ではありませんがタバコのタールも着色しやすい成分なので気をつけてください。

 

歯を白く保つためには、これらを摂取した後に必ずハミガキをするというのが大事ですが、できない状況の時は強く口をゆすぐだけでも防止の効果があります。

 

以上の事をふまえて、自分の食生活がきれいな白い歯に優しいかどうか、一度見つめ直してみてください。


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 歯磨き粉と研磨剤 ホワイトニングの種類 マニキュアと歯磨き粉 歯を汚くする食べ物 歯を白くする食べ物