研磨剤入りの歯磨き粉は大丈夫?

歯磨き粉に入っている研磨剤のない安全な歯磨き剤の選び方

歯磨き粉で気をつけたい研磨剤の正体

ホワイトニング歯磨き粉に限らず、歯磨き粉には大きく分けて2種類のものが存在するのをご存知でしょうか。それは研磨剤入り歯磨き粉と、研磨剤なし歯磨き粉です。

 

市販のものの多くは研磨剤が入っています。

 

そして、ホワイトニングという点で見れば、研磨剤入り歯磨き粉はホワイトニングの妨げとなります。
それどころかひどいものは歯の黄ばみを悪化させてしまいます。

 

研磨剤のない安心な歯磨き粉を使うことは、ホワイトニングの重要なステップです。
これは歯科医も勧めているものなので、ホワイトニングに興味がないかたでも気をつけたほうがいいです。

 

研磨剤が入っていると何が悪いのか、まず歯の構造についてご説明しなければなりません。

 

歯の表面というのは舌で触った感じはツルツルなのででこぼこがないように感じますが、実は歯は日々の使用や時には歯磨きによって、舌では感知できないレベルで傷ついたり穴があいたりしています。

 

こういった傷や穴には色素が入りやすく、
取れにくいので結果的に歯が黄ばんで見えたりして見た目が悪くなります。

 

ですので歯を傷つけないという事は、ホワイトニングにおいて重要な事だと覚えておいていただきたいです。

 

研磨剤というのは、歯の汚れを簡単に落とすために歯磨き粉の成分として一般的に入っています。
ですがこの研磨剤は、やすりの要領で、硬い成分でそぎ落とすという効果を持っています。

 

悪い成分も取り除いてくれますが、少しばかり歯の本体のほうも傷つけてしまうのです。
同じ原理で研磨剤だけでなく、塩入りの歯磨き粉もホワイトニング効果には不向きです。

 

先ほども書いたように、傷には色素汚れというのが入りやすく、頑張ってガリガリと歯磨きをすればするほど逆に悪化していくというのはみなさんがよくしてしまう間違いの一つです。

 

研磨剤入り歯磨き粉の見分け方

 

では研磨剤入りの歯磨き粉はどのように探したらいいのでしょうか?

 

現在の段階では、研磨剤の有無は商品のパッケージ等に表示する義務はありません。最終的には、研磨剤が入っていないと記載されている歯磨き粉を選ぶか、作っているメーカーに直接問い合わせるのがベストになります。

 

値段で考えると数千円レベルのものでないと研磨剤が入っていると思ったほうがいいです。

 

それでもどうしたらいいのとおっしゃるかたも多いと思います。
そんな方向けにあくまで参考ですが、簡単にできる実験があります。

 

アルミホイルを歯磨き粉をつけてハブラシで磨くという方法です。磨いてみてアルミホイルの黒いのが取れてきたら、その歯磨き粉は研磨力が強く、研磨剤が入っている可能性が高いと言えます。

 

美しい白い歯のために、研磨剤のない安心なホワイトニング歯磨き粉を探してみてください。


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 歯磨き粉と研磨剤 ホワイトニングの種類 マニキュアと歯磨き粉 歯を汚くする食べ物 歯を白くする食べ物